先輩社員紹介

true

研究開発職

匿名

出身:弘前大学 大学院 卒年収:非公開

  • これが私の仕事

    【研究開発】新製品の開発、既製品の改良

    北海道の江別市にある研究所で生化学検査用試薬の開発や改良を行っています。 生化学検査用試薬とは、健康診断で使う試薬で、コレステロールや糖、たんぱくなどを測定する際に使用します。 直接皆さんが手に取る製品ではないですが当社の製品を使った健康診断の結果を見たことはあると思います。普段はお客様からの要望や市場のニーズに対応する形で、既存製品の改良を行ったり、外部の学会や専門誌から得た情報、社内の会議などで新しい製品の開発や改良について話し合います。 測定する成分の分別性能をあげるための改良や、製品のバージョンアップ、コスト削減など、要望やニーズは様々です。 私たちが扱っている製品は通常の飲み薬に比べると、比較的早く改良が行われますので日々、情報感度を高くする心がけをしています。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    主力商品の開発に成功

    入社して5年目くらいのことだと思いますが、自分が最初から最後まで携わって製品化にこぎつけた商品があります。きっかけは、「良さそうな新しい原理があるので、やってみたら」と上司から言われた一言でした。 それまでは開発の補助や改良がメインだったので不安もありましたが、自分で勉強したり、先輩や上司に相談しながら進めていきました。 構想から製品化まで1年半掛かりましたが、最初の製造に立ち会い製品の有効期限設定するために、実際にその期間保存して実証し、無事に世の中に自分が作った製品を送り出した時は、嬉しさと一つの仕事をやりきったほっとしたような気持ちになったのを今でも覚えています。 ちなみに、この時に開発した製品は、既存製品より性能の安定性がよくなり、今ではその製品が当社の主力商品となっています。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    やりたいこと、興味のあることが出来そうだった

    自分が就職活動をしていた年は超氷河期と呼ばれていた時代で、修士課程を修了後、半年間は役所で臨時職員として働いていました。 その後、研究、製品開発、商品開発、企画が出来る会社を勤務地にこだわらず探していた中で セロテックを知り興味を持ちました。 他の会社からも内定はもらっていましたが、現在の上司と面接をし、具体的な仕事内容を聞いて、個人に対する責任、自由度が高いところに惹かれ入社を決めました。 環境や風土が自分にも合いそうだったことも決め手のひとつです。 自由度が高い分、プレッシャーも大きいですが、今はやりがいを感じながら仕事をしています。

これまでのキャリア研究開発職

先輩からの就職活動アドバイス!

会社訪問に来る学生や、テレビなどを見ていると、最近の就職活動は全てがマニュアル化されており、頭の先からつま先までみんな同じようなスタイルに見えます。 でも、企業側が求めているのはそんな所ではなく、自分が思っていることをしっかり言葉にできるか、自分を飾らず素直に思っていることを相手に伝えられるかだと思います。 就職活動中は不安になることも多く、苦労の連続だと思いますが、多少図太い方が上手くいくこともあるので、めげずに頑張ってください。

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー

他の先輩社員を見る

連絡先:
株式会社セロテック serotec Co,.Ltd

〒062-0021 札幌市豊平区月寒西1条8丁目8-7
札幌本社総務部
採用担当 坪川
電話 011-855-1131    
E-mail recruit@serotec.co.jp
URL http://www.serotec.co.jp